2019年02月04日

ボルダーにおけるフラッシュの考え方

中嶋徹くんのインスタストーリーで行われた、フラッシュの定義アンケート、興味深かったので、自分の考えを書いてみる。エビデンスなく結論もないので、只の独り言。

A518CF8C-2484-446E-A8A8-96010FEA9647.jpeg

1.岩でのリードにおけるフラッシュ

岩でのリードは手の届く範囲からのスタートが基本となる(SDスタートやルーフトラバースを出だしに加えるバリエーション的な例外はあるが)。それを前提とした上で、リードクライミングにおける、フラッシュ条件を毀損するCheat=ズルとは何か、ということを考えてみる。

グラウンドアップで登ることが当たり前だった時代を振り返ると、ハングドッグでのムーブ探りはもちろんのこと、テンションした場所でムーブを起こさずにホールドを触ることすらCheatと考えられていた。これは、ロープは飽くまで、フォールした際に安全を確保するためだけのバックアップツールであり、仮にロープが無かったとすれば、直ちに地面まで落ち、(大怪我なりで済めば)再び地面からやり直すことになる筈だからである。

逆に考えると、ロープテンションさえしなければ、地面を離れて登り続け、グラウンドフォールし、怪我が癒えてからそのルートを完登しても、No Cheatingのためフラッシュと言えるだろう。

まとめると、リードでのフラッシュの条件は「初めて取り付いて、一度もロープテンションをかけずに完登すること」となる。

2.岩でのボルダー(スタンドスタートで上に登る場合)

この場合、リードとの違いは、ロープを使わないこととなる。リードにおけるCheatの考え方を適用すると、ロープを使わないので、何度フォールしようとテンションすることはなく、Cheatはしていないので、フラッシュとなる。

しかし、現在のボルダーで一般的にフラッシュと言われる条件は、「初めて課題に取り付いて、一度も地面につかずに完登すること」と思われ、フラッシュの考え方が大きく拡張されている。逆にいうと、「フォールして地面につくことが、フラッシュの条件を毀損する」となり、Cheatの考え方が変わっているとも言える。

3.岩でのボルダー(SDスタートやトラバース課題)

しかし、ボルダーの場合には、SDスタートやトラバースが一般的にあり、「地面に足を着いたまま、容易に課題の途中のホールドを触れる」ことが多い。これをCheatと捉えるかとうかで、考え方が別れているということだろう。

"フォールしてないからCheatではない" V.S. "スタートホールド以外のホールドの事前情報を得ているからCheatである"の図式だが、今までボルダーでのフラッシュの定義は余り議論されておらず、コンセンサスが無いというのが実情なんじゃないだろうか。

4.トップロープでのホールドチェック

興味があるのは、事前にトップロープにぶら下がってホールドチェック(ムーブの練習はしない)した後に、ロープなしでトライしてフォールせずに登ったらフラッシュなのか。
SDやトラバースのホールドチェックがOKとなると、比較的自然に、これらもOKと考える人は出そう。論理的には余り変わらないので。

5.自分の嗜好

自分的には、ボルダーの一撃は、カッコいいけど、そんなにマジメに考える意味は無いなと感じる。リードのフラッシュと違って、何度落ちようと登れればOKというのがシンプルでいいね。
posted by いーづか at 13:17| Comment(0) | クライミング全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

朝beastmaker始めました

家の壁を少し改修して、beastmakerを設置しました。
AC16E027-A917-4C0E-8761-9BD348D5DF9A.jpeg

起床を30分早めて、5時半〜7時までで、ウォームアップと6sec6rep×12。後半1時間は朝食準備やら身支度やらと平行なので、セット間レストは3分より長くなっちゃうけど、そこはしょうがないかなと。

食べ物触るので、セット毎に、手を洗ってチョーク落としてまたチョークつけて、とやるのがめんどい。なんかいい方法ないかな。

体の出力的にはどうなんだろう。本当は「起床からxx時間後が最適」とかあるんだろうけど、贅沢は言えませんな。


posted by いーづか at 11:58| Comment(0) | クライミング全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

備忘録:フィジカル数値20190130

●beastmaker2000

beasty 6Cish メニューの1/3程度
(二本指ポッケは6sec1repが限界、スローパーは左右とも1番持てるスローパーで3rep6sec)

●moonboard (2017 40degrees)

6a+のベンチマーク課題が、flash 〜10トライ程度

●岩

御岳 御岳洞窟20トライ程度(2018年にトライ再開してから)
御岳 炎 20トライ程度

●ジム

dogwood高津
3級 flash〜5トライ程度
2級 5トライ〜20トライ程度

●クライミング、トレーニング頻度

beastmaker 6Cishを週2回
moonboard、ジムのいずれかを週一2時間
岩は、上記とは別に、月1〜2回(ボルダーを4〜5時間)

●その他

身長174.0cm
体重66.0〜67.0kg

posted by いーづか at 09:04| Comment(0) | クライミング全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

ボルダリング検定(傾向と対策、受験した感想等)

2018/11/23 dogwood調布店で開催された、ボルダリング検定を受験してきましたので、その傾向と対策や感想など。

View this post on Instagram

2018.11.23 ボルダリング検定@dogwood調布 3級で受験してきました。 無事5課題全完登できました。課題はどれも練られていて面白い! このフォーマット、個人的にはとても好きでした。 コンペと違って、自分が登れるか登れないかの難易度の課題を"確実に"5課題楽しめるのがいいね! 参加者には知人はいませんでしたが、スタッフの皆様はお世話になった方ばかりで、久しぶりに会えて嬉しかったです。ありがとうございました!次は岩場で! @tripledyno @gniyama @rabfujieda @yoshihiroiwahashi #ボルダリング検定 #ボル検 #dogwoodclimbinggym_chofu

takato77さん(@takato77)がシェアした投稿 -



◾️ボルダリング検定とは

日本クライミングジム連盟主催で2017年度よりスタートした検定制度。5級から1級まで分かれており各級共に5課題を登る。5級から3級までは1時間で5課題をセッション形式で登る。2級と1級は1時間で3課題をセッション形式で登り、大休憩を挟んで、2課題をオンサイト形式(ベルコン)で登る。
いずれも合計課題は5課題で、3課題以上完登すれば合格。同じ合格でも、完登課題数()により、ブロンズ(3)、シルバー(4)、ゴールド(5)というようにグレードが別れている。

◾️受験グレードと結果

今回自分は3級を受験。無事5課題中5完登でゴールド合格できた。課題毎のトライ数は以下。

・青ホールドの緩傾斜 2try
・黒ボテのマントル 5try
・赤ホールドのルーフ 2try
・黄ホールドの傾斜カンテ 1try
・紫ホールドの緩傾斜 2try

かかった時間は40分くらいだったので、およそ3分強に1トライ。結構息が上がったので、これ以上ペースを上げるのは個人的にはキツかったかなと。

◾️課題の特徴

昨年度の課題は知らないが、今年度は第一回のマーブーの課題は予習のため触りに行った。今回受験した課題と合わせ、2回分で共通に感じた傾向は以下。

・ルーフ、強傾斜、スラブが1課題ずつ、垂壁〜100度程度が2課題入る
・垂壁〜100度の1課題はデカいボテで、花崗岩等でよく出てくるムーブが入る(マントル、ステム、ラップでのホールディング等)
・ダブルダイノが1回は入る
・コーディネーションは必須では無い

3級以外は触ってないので、上記は3級のみのお話。

◾️対策(長期的)

クライミングのスキルが満遍なく試されるので、普段から以下を意識してトレーニングする事が肝要。

・好き嫌いせずになんでもトライする
・得意なホールディング、ムーブでゴリ押しせずに、設定ムーブを想像し、それに合わせて登ることで、対応ムーブのバリエーションを増やす

◾️対策(短期的)

課題の特徴にも書いた通り、出題課題のフォーマットが比較的明瞭なので、スラブもデカボテもルーフもあるようなジムに行って5課題を選び、1時間で模擬検定をやるといい。
目的は、トレーニングではなく、本番時の戦略を立てることであり、そのために以下2点に注力した。

・自分の得意/不得意や、トライできる体力など、現状を把握すること
・検定のフォーマットに慣れること

自分の場合、以下のジムで実施した。

・マーブー(2018年度第一回検定課題)・・・2完登
・dボルダリング綱島・・・2完登
・ロッキー新宿(2級課題)・・・5完登
・dogwood高津店1回目・・・3完登
・dogwood高津店2回目・・・5完登

やってみて、自分なりに立てた戦略は以下3点。

・鬼打ちせず、意図的に数分間のレストを挟む。セッションなので、ムーブは後半になれば大体わかるが、その時に体力がなくて登れないのが最悪。体力さえあれば、ムーブさえわかれば3級は登れる。
・ただし、どスラブは例外で、自分は体が硬くて登れない可能性が高いので、他の4課題が登れるまでは触らず、残りの時間でトライする
・欲張らず、3課題登ることを目標とし、登れそうと判断した3課題を落とすことに注力する。難しそうな課題でも、体力さえ残っていれば、後半でも登れる可能性が高いので、後に回す。

これらを、パニックにならず、忠実に遂行した。いきあたりばったりでトライするより、完登数が1.5〜2倍くらいにはなると思う。

◾️その他(気になった点や感想など)

・グレードの標準化

難しいテーマであるものの、一つの標準を示す試みとして、良いシステムと感じた。自分が思い浮かべる3級のスタンダードは、穴社員、コンケーブ、とけたソフトクリーム岩の凹角左右、マミ岩右、白狐岩無名などで、それらと比較して、グレード感はマッチしていた印象。で、今回の検定課題を基準に考えると、ロッキー新宿は明らかに1グレード甘い、とか浮き彫りになる。ジムスタッフこそ、たくさん受験して欲しい制度では。

・カチが無い

3級では、カチの保持力を試される課題が全くなかった。マーブーでもそうだったが、意図的なのかしら。2級とかにはあったみたいだけど、偶々?

・シラバスが無い

検定なので、出題範囲、学習範囲みたいなものが、公開されているのが理想かなと思った次第。そういうのがあると、出題者でも、「この課題ラインナップでは、このスキルを試せない!」みたいなのがチェックしやすいのでは。

・ラッキーだった点

調布はどスラブ課題がなかった。ここ数年、殆どジムでスラブをやってなかったせいか、他の傾斜と比べて明らかに苦手なのを模擬試験で認識していたので、出なくてラッキーではありました。
posted by いーづか at 15:44| Comment(0) | クライミング全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

家壁の話

我が家にはささやかながらトレーニング壁があり、時折指イジメしてるんですが、先日地味なトレーニング動画をアップしたら何故かプチbuzzして、動画再生数か20000回近くに。こんなの見て面白いんでしょうか(^^;;

This is the most I can do. Doubles with feet. #climbing #training #campusboard #homeclimbingwall

takato77さん(@takato77)が投稿した動画 -


で、そのあと、homeclimbinggymsというアカウントさんが別の写真をrepostしてくれたんだけど、「家壁は物干しにも最適だぜ!」的な紹介で、もうなんだかホントすいません。


なんとなく面白かったので久々にブログに書いてみました、というお話。

posted by いーづか at 22:24| Comment(2) | クライミング全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする