2019年06月25日

腱・靭帯のための栄養摂取 by Eric Hörst

ここ最近、Eric Hörstさんが盛んに広報しているPhysiVantage社のSuperCharged Collagenだが、主成分はコラーゲンペプチドで、ビタミンCとBCAA、トリプトファン、を配合している。狙いは腱・靭帯などの細胞外組織のための栄養摂取らしい。Ericさんのpodcastを聞いていたら、大体ポイントが理解できた気がするので紹介。

コラーゲンについては疑似科学的な評価も多く、眉に唾つけて聞かなくてはとは思いつつ、期待しちゃうよねぇ。

====
クライマーにおいてトレーニングといえば、主に語られるのは筋肉であり、体系的な知見がまとまってきている。

一方、腱、靭帯などの組織については、体系的なトレーニングであったり、どのような栄養素をどんなタイミングで摂取するのが効果的かという知見はほぼ無かった。
ここ数年の研究が進んだことにより、細胞外組織においても筋肉と同じように、適切な負荷と栄養摂取により、より強い組織が再合成されるというエビデンスが出てきている。

・腱、靭帯などの細胞外組織は主にコラーゲンでできている。
・コラーゲンのアミノ酸成分はグリシン、プロリン 、ヒドロキシプロリンで、ビタミンCを補酵素として合成される。
筋肉組織は周辺に血流が豊富なので、運動後にタンパク質を摂取することで周辺の血管から再合成に必要なアミノ酸を取得できる。一方、細胞外組織は血流が乏しいため、運動後にコラーゲンとビタミンCを摂取しても、組織栄養が行き渡らない。
・細胞外組織は、負荷をかけると引き伸ばされ、負荷をゆるめると縮む。縮む際に、血流が組織に流れ込むので、負荷をかける(=トレーニングする)前に栄養を摂取して血中濃度を上げておくことが必要。
・研究では、負荷をかける30〜60分前に、グリシン、プロリン 、ヒドロキシプロリンを含んだコラーゲンペプチドとビタミンCを摂取することで、コラーゲン合成が2倍になった。

以上を踏まえ、ハングボードなどのトレーニングするにあたり、30〜60分前にSuper charged Collagenを飲むことで、より強く故障しにくい腱・靭帯を手に入れることができる。
ただし、ただのサプリメントであって医薬品ではなく、飲んだら故障が治る魔法のような製品ではないので注意。必要な栄養素とタイミングに加え、適切なトレーニングと、組織が回復するための充分な休養を取ることが肝要。
====

podcastでは、休養期間、目的別負荷(リハビリ、トレーニング)、種目なども語られている。

なお、ここ数ヶ月の間に発表された研究成果も含み、検証が必要且つ内容が更新される可能性もある由。
posted by いーづか at 13:44| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする